振袖を着て京都を散策する時の注意点

振袖 京都

京都を観光や旅行に訪れた際には、着物を着て街の中の散策を楽しみたいという人も多いと思います。風情のある街並みが今も残されている京都には、和の装いがとてもよく似合います。特に着物の中でも振袖は、とても華やかな衣装で格式もあります。その姿を写真に撮れば、貴重な思い出になること間違いありません。有名な神社やお寺なども数多くあるので、そういったスポットにもよく映える衣装です。最近では手軽にレンタルすることができるお店もあるので、わざわざ振袖を持参しなくても着ることができます。小物や草履なども一式レンタルすることもできるので、手ぶらで訪れても大丈夫です。しかし普段から着物を着慣れているという人は少ないので、実際に着てみたら意外と大変だったということもあります。

訪れたいエリアの情報を事前に細かくチェック

京都を振袖で散策する際には、訪れようと思っている場所の情報を事前に細かくチェックしておくことが重要です。普段から着物に慣れているという人は草履で歩くことにも慣れていると思いますが、そうではない場合には慣れない草履で長時間歩くのはとても大変な作業です。観光スポットの中には、坂が多かったり階段が長く続くようなところもあります。そのためそういうルートを避けたり、電車・バス・タクシーなどを効率的に利用してあまり長時間歩かないようにする配慮が欠かせません。観光スポットには人力車などがあることも多いので、移動の際には人力車やタクシーなどを活用したいものです。それからカフェや喫茶店など休憩できるスポットを事前に調べておくと、足が疲れたときに一息入れることができます。

天候に合わせた観光プランにする

雨の中、振袖のような着物を着て観光するのはとても大変です。転ばないように足元に注意しなければなりませんし、雨用の下駄やコートが必要になることもあります。着物をレンタルする場合には、汚してしまわないように気を付ける必要もあります。京都に何日か滞在する場合には、天気予報が晴れの日に着物を着るのがいいかもしれません。雨でもどうしても着物を着たいという時には、屋内で写真撮影のみをするプランなどもあります。着付けやメイクなども楽しいので、それ自体が観光にもなります。また観光するスポットを屋内で楽しめる美術館にしたり、お茶を体験するツアーに参加するといったプランにする方法もあります。その他にも懐石料理を楽しんだり、和のスイーツを楽しむといったこともできます。