振袖を京都で購入するのがおすすめの理由

振袖 京都

今日では日本の首都は東京となり、日本人であっても着物ではなく洋服を着ている人が大半となりましたが、かつては京都が日本の都となっており、まだ海外から洋服の文化が入っていなかったことから誰もが着物を着ていたことになります。そのような時代から京都では着物文化が根付いており、この場所ならではの伝統的な技法もたくさんあります。そのために、良い着物を手に入れたいと思って探している人も多く訪れています。今日では、インターネットを活用して世界中から商品を取り寄せることができるようになりましたが、振袖のように高級品で一生に一度の成人式のためのものとなると、実物を見ずに購入するのは非常にリスクが高くなります。京都での購入なら、他ではめったに見られないような上質なものまで手に入れることができます。

上質なものも揃っているのが魅力

平安時代の京の都は、今日でも当時の面影を残した道路や街並みが残っており、日本の中でも日本らしい風景が残っている場所でもあります。街を歩くにも着物スタイルは非常に似合うことにもなり、着物姿の人も多くみかけることができます。ここでは、平安の頃から続く呉服店も残っているなど着物文化が発展しており、伝統技法も今日まで残したまま製作が行われています。着物は技術を簡素化されてしまうことも多くなり、その分だけ手頃な価格で手に入れることができるようにもなりましたが、成人式の振袖など豪華な着物になると見栄えにも大きく影響をすることになります。一生に一度の成人式という晴れの舞台に送り出してあげたい親御さんからは、やっぱり上質な仕上がりの京の振袖が選ばれています。

伝統的な技術を使ったものも見つかる

着物は、織りや染めによってさまざまな種類があるのですが、地域によっても伝統的な技法を持っています。京都でもさまざまな技術を取り入れた着物があり、有名なものの一つに西陣織りがあります。海外からの技術を応用した織り方法となり、現代風にアレンジをして今日ではネクタイ生地としても人気があります。また、織った生地を染める技術であれば、京友禅や京鹿の子しぼり、京小紋や京黒紋付染めなどがあります。これ以外にも、着物地の上に絹糸や金糸、銀糸などの糸を使って柄を刺繍する京繍、帯締めや羽織り紐として使用される京組み紐といった和装小物で活躍する技法もあります。一つずつ職人の手作業によって完成されるものであり、昔から伝わる方法を守ってていねいに作られることになります。