京都で振袖を着たい人のためのチェックポイント

振袖 京都

振袖は一生の間で結婚前にしか着ることができない着物です。着る機会としては大学や短大などの卒業式や、成人式にご親族やご友人の結婚式など限られた機会での着用になってしまいますので、レンタルをする方が現在では多い傾向にあります。せっかくであれば、日本の伝統建築が多く残されている古都京都で日本の伝統的な民族衣装である着物を着て写真を撮ってみたいと考える方も多いことでしょう。一生の愛大で着る機会がそれほど多くはない振り袖ですので、着用した際には記録に残しておきたいものです。日本全国呉服屋さんはありますが、京都はその中でも歴史があり、代々続く老舗の呉服屋さんが多く、また近年は外国人観光客も多く訪れますので、レンタルを行う呉服屋さんも増えています。

着物の準備から小物、着付けまで行ってくれるサービスがおすすめ

最近は着物を着る機会が少なくなりましたので、着物の知識を持っている方も年々減っています。特に若い方の場合着物の小物や柄にこめられた意味、帯と着物の合わせ方など、着物を着る際知っておかないと場合によってはマナー違反になるようなことも知らない場合があります。そこで、着物をレンタルすることはもちろん、小物や着付けまでトータルでコーディネートをしてくれる呉服屋さんがおすすめです。振袖は着物の中でも小物など必要となるアイテムが多く、着付けにしても帯の結び方が難しいので、一人で着ることが難しい着物になります。京都の呉服屋さんになると、色々な着物を持っていらっしゃるお店が多く、長年営業されているので、自分の好みの着物はもちろんのこと、用途に応じて柄のアドバイスをしてくれたり、帯も相応の物をアドバイスしてくれるお店に出会えるでしょう。

種類が多い場合は価格帯で探してみる

呉服屋さんによっては、振袖を多くお持ちなので、選ぶのに困ってしまうという場合もあるでしょう。そのような場合は予算を伝えて予算内でレンタル出来る着物を見せてもらうという方法もあります。着物は高い物は絞りや友禅などになると1日のレンタルで何十万円とかかる着物も珍しくありませんので、小物や着付けなどのサービスも含んで総額いくらまでが予算になるのか先にお店にお伝えして探してもらうと効率的でしょう。返却方法も、お店まで返却が必要な場合や、郵送で返却に応じてくれる場合もありますので、レンタルの際には返却方法や返却時にクリーニングが必要かどうかも確認しておくようにしましょう。着物のクリーニングは物によってはとても高額になりますので、クリーニング代が必要な場合は予算内で収まるように計算しておくようにしましょう。